木内清議員の除名について

墨田区議会自由民主党は、令和4年5月13日付で、木内清議員を除名しました。

 私たちは、木内議員も含めて全員が合意して作成した会派規約により、議長任期は原則1年とし、例外として特別多数(会派所属議員の4分の3以上)の合意があれば2年目以降を続投すべく手続きをとることができること、なっています。こうした手続を用意することにより、会派として議長に対する監視機能を果たすことを目的としています。

 木内議員は、令和3年、この規約に基づき、議会における選挙を経て、墨田区議会議長に就任しました。令和4年に入り、2年目の続投を希望されたので、会派規約に基づいて特別多数の合意を得るよう求めました。しかし、2年目の続投に難色を示す議員が多く、特別多数を得られない見込みであると分かると、議員各位の再三の説得・協議にもかかわらず、この手続を取ることを拒否し、辞表を提出せずに居座りを決め込みました。

 墨田区議会議長は、ただ一人のものではなく、同じ会派は当然のこと、他の多くの会派を超えた合意により選出される、品格ある立場です。こうした各会派の合意を踏みにじる暴挙に至ったことは、大変残念です。

 このような木内議員の乱暴な行動に賛意を示す議員はおらず、会派規約に関する重大な違反を犯したとして、全会一致で除名となったもので、以降、木内議員を議長として信任しないことと致します。

以上

令和4年5月17日(火)
墨田区議会自由民主党

田中 邦友(筆頭副幹事長)
沖山 仁
樋口 敏郎
福田 はるみ
加藤 拓
佐藤 篤(幹事長)
しもむら 緑
坂井 ユカコ
坂井 ひであき
たきざわ 正宜(副幹事長)
藤崎 こうき(副幹事長)
かんだ すなお

«  | ブログトップ | 

                                             

上へ戻る

すみだ北斎美術館