原油価格・物価高騰等に伴う緊急要望書を提出しました

原油価格・物価高騰等に伴う緊急要望書を提出しました

令和4年6月2日
墨田区議会自由民主党
幹事長 佐藤 篤

 

昨今の世界情勢および日本国内の経済状況に起因して、原油価格の上昇や物価高騰が区民生活にも深刻な影響を及ぼしています。
このことから区民の日常生活を圧迫している下記の点について、緊急の要望を致します。

 

1.緊急小口融資制度の創設について
原油価格上昇及び原材料の高騰の影響を受けた事業者から運転資金等を求める声があることから、簡易で迅速な融資制度の構築を行い、事業者の利子負担をなしとすることを求める。

2.すみだビジネスサポートセンターにおける相談体制の拡充
現行の相談体制は平日の日中に限られており、事業者からこの相談体制の拡充を求める声があることから、平日の17時以降及び休日の相談体制の構築を求める。

3.小中学校、幼稚園、保育園(認定こども園及び小規模事業所、東京都認証保育所、認可外保育所等を含む)及び学童クラブ並びに特別養護老人ホーム等の高齢者施設の食材費等の補助
物価高騰により、小中学校、幼稚園、保育園等及び学童クラブ並びに特別養護老人ホーム等の高齢者施設の利用者について、食材の質の確保が当面の課題となっている。墨田区の教育と福祉を担うこれら施設については、政策的判断として、当面の間の支援を行うことを求める。
もとより、保育園については、副食費相当分について公定価格で価格が決定されるものであるが、これが見直されるまでの当面の間、緊急対策を講じるべきであると考えるものである。

«  | ブログトップ | 

                                             

上へ戻る

すみだ北斎美術館