平成28年度決算特別委員会が終了しました。

しもむら委員長の下、10月17日から11月7日まで開催された決算特別委員会。最終日には会派を代表して福田はるみ委員が意見開陳を行いました。

墨田区議会自由民主党を代表して議題に供された報告第1号、報告第2号、報告第3号及び報告第4号の各会計歳入歳出決算について意見開陳を行います。

28年度予算は同年策定された、区政運営の羅針盤となる「墨田区新基本計画」全体をけん引する「“夢”実現構想」達成について、「新基本計画の着実な推進」「多様な地域人材の活躍推進」「総合戦略等の推進による区内産業・観光の活性化と芸術・文化の振興」「安全・安心を実感できるまちづくりの推進」「更なる行政改革の推進」これら5つの柱を掲げ編成されたものです。この予算は山本区長が編成した初の予算として、構想の達成を目指し執行され、この度の決算特別委員会では我が会派からも様々な意見を述べさせていただきました。

まず、財政について意見を述べます。

 近年は集合住宅の急増等により、人口の増加が続いております。そのため、28年度は特別区民税が前年度と比べ3,0%増となりました。特定財源でも、遺贈信託財産の契約終了に伴う収入があり、財産収入が前年度より大幅に増加しています。一方で、地方消費税交付金が9,6%、利子割交付金が72%とそれぞれ減。特別区交付金も、普通交付金及び特別交付金とも減少し、合わせて1,2%の減となりました。平成29年度には法人住民税の一部国税化等の影響で特別区交付金が引き続き減少する事が見込まれています。将来的な見通しについても予測を行い、油断せず堅固な財政基盤の確保に務めるよう求めます。

   各財政指標については、 景気回復基調にともない、ほぼ横ばいですが、今後も経常収支比率の適正水準である70~80%を目指すなど、より一層の改善に向けて不断の行政改革に努められる事を強く申し入れておきます。

    財政調整基金残高は平成32年度の目標を100億円としており、毎年着実に増加し28年度残高は86億円となりました。今後も着実な積み立てを行い、目標の上方修正も視野に入れるよう求めます。

また、区債残高は294億円となり昨年度より8億円の減となっています。区債残高については、引き続き適正な範囲内に収めていただきたい。

28年度は、45億6807万604円の収入未済と、6億4585万1791円の不納欠損が発生しました。これらについては、継続的な微収率向上への取り組みを行った結果、改善は見られていますが、引き続き債権管理に関する知識の向上と積極的な実践に取り組むことを求めます。

歳出面では、少子高齢化の進展や社会動態を背景に年々扶助費の増加が見られます。歳入面では、税制改正による財源の減少が懸念されています。今後もより効果的・効率的な行政運営の推進が必要になりますので、一層の努力を続けていただきたい。

以下、区政の課題について述べます。

 

 

まず初めに、28年度予算案に付帯決議を付けた、待機児童の解消については、28年度から2か年で1000名を超える保育定員を確保したことについては高く評価しています。しかし、待機児童数は増加傾向にあり、保育士不足も喫緊の課題となっています。引き続き待機児童の解消に努めるとともに、在宅保育への支援の強化等、子育て環境の整備を続けていただきたい。

旧すみだ環境ふれあい館については、来年度予算で解体の設計を行うという答弁がありました。その他、未利用の旧学校施設等については、速やかに計画を立て、順次解体していくことを求めます。

地域力日本一については、その定義について条例化するなど、いち早く区民にわかりやすく提示することを求めます。

平成28年度にはすみだ北斎美術館が開館しました。来館者数は順調に推移していますが、今後も来館者を確保できるよう、指定管理者とともに努力を求めます。また、引き続き更なる寄付金の確保に力を注ぐ事を望みます。

防災対策については、不燃化・耐震化改修の実績が期待通りに上がっていない状況が続いています。今年度に補助率の改善を行いましたが、より踏み込んだ対応を検討すべきです。

錦糸町駅周辺の客引き防止については、状況の変化に応じながら、引き続きの取組を求めます。また、深夜の時間帯については、警察等関係機関との連携の強化を求めます。

高齢者福祉については、28年度から介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました。総合事業の実効的な展開を求めます。加えて、今後は健康寿命の延伸、介護予防、要介護度の改善という観点に重きを置いて施策を行っていただきたい。

商業施策としては、商店街振興組合が商品券を発行できるようになったことを踏まえ、長寿祝い金や功労者表彰の際に活用できるよう検討することを求めます。

また、引き続き事業承継の支援等、区内事業者の事業継続に向けた支援を続けるとともに、人材確保の支援も検討していただきたい。

教育では、学校ICT化が推進され、今年度はすべての小中学校に電子黒板等の資材が導入されました。今後は、これらを授業のコンテンツの作製等、学力向上に結び付くソフト面の充実へ活用することを求めます。

 

 

続いて、平成28年度予算特別委員会で指摘した、28年度予算の課題について述べます。

子ども未来応援事業については、日本財団との条件が合わず、事業が行えませんでした。これは、事前の交渉に不足があったと考えられます。今後、民間との事業の折衝に当たっては、条件等の確認を十分に行い、予算付けの根拠を明確にしてから予算計上するべきと指摘します。

就職前女性向け講座については当初から実効性に疑問がある旨を指摘していました。初年度は13名の参加がありましたが、2年目の今年度は3名にとどまっており、来年度以降、同様に開催することは認めがたい状況になっています。

壁面緑化については、28年度は設計の50万円の執行のみで約半額にして今年度に繰り越しています。我々は予算の縮小ではなく、これまでの壁面緑化・屋上緑化事業の状況から実効性に疑義があったため、これまでの検証と改善を確認した上での予算執行を求めたものであり、方向性が違います。また、今年度末まで結局執行されないのは予算執行の在り方として疑問が残ることを指摘します。

就学応援事業については、4会派の合意で平成28年度予算1200万円の修正議決を行いました。その際に年度内での代替案の提示を求めましたが、ついに示されませんでした。年度内には一切検討状況すら示されず、この結果になったことは議会との信頼関係を損なうものと言わざるを得ません。

代替事業については、29年度予算で定住促進策を検討するとしていますが、事業化するのは30年度以降になります。また、多子世帯の支援については未だに示されていません。基金に積み立てたものの、実質的に未執行になってしまったことは、本来ならば他の事業で活用できた点を考慮すると、予算執行上、大きな問題であると指摘しておきます。

 

以上、4点について最大限の指摘をしておきますが、平成28年度墨田区各会計決算は、計算に間違いがなく、支出命令に符合しており、収支は適法であるため、認定をいたします。なお、平成28年度墨田区一般会計歳入歳出決算については、墨田区議会公明党、墨田区議会民進党、新しいすみだの各会派のご賛同をいただき、以下の付帯決議を付すことといたします。

付帯決議

最後に、区長以下、理事者は我々の指摘を重く受け止め、平成29年度の予算執行については十分に留意するとともに、平成30年度の予算編成にあたっては、新規、既存にかかわらず、各事業については政策目的と効果を十分に検証した上で予算に計上することを強く求めます。加えて、本特別委員会での会派からの提案については、真摯かつ迅速に対応していただくことを求めます。

以上で意見開陳を終わります。

 

刑事告発受理のご報告

 

松本久元議員に関する刑事告発について

平成29年9月15日
墨田区議会自由民主党

 

表題の件について、本日、警視庁本所警察署長あてに、下記要領で告発状を提出し、

受理されましたのでお知らせいたします。

 

(1)告発の根拠
公務員の告発義務(刑事訴訟法第239条第2項)に基づく告発

 

(2)告発人
田中邦友(会派幹事長)及び佐藤篤(内部調査責任者)

 

(3)被告発人
松本久(元墨田区議会議員)

 

(4)告発事実の概要
平成28年5月10日から29年5月12日までの間、37回にわたって行われた、

会派会計講座からの1,840万円の横領行為

 

(5)罪名
業務上横領罪(刑法第253条)

なお、本件については、本日付で記者会見を行いました。

以上

松本久議員業務上横領事件についての会派主催記者会見概要

会派主催記者会見の内容(要約)について(PDFファイル)
こちらから概要をダウンロードいただけます。

 

7月27日16時~17時15分、墨田区議会第2委員会室において、松本久議員に関する業務上横領事件についての墨田区議会自由民主党主催の記者会見が行われました。

下記の通り記者との間での質疑応答の概要を掲載いたします。

※本文は、要約筆記です。原文とは一部表現が異なりますので、ご了承ください。

場所:墨田区議会第2委員会室

日時:平成29年7月27日16時~17時15分

16:00~16:32 挨拶、謝罪、説明及び声明読み上げ

16:32~17:15 質疑応答

回答者:田中邦友議員(幹事長)佐藤篤議員(内部調査責任者)

出席者:司会者 坂下修議員

■会計責任者選任の経緯について

 

① 平成28年度の経理担当者以外で、松本議員はお金を管理するポジションにいたか(日本テレビ・船木記者)。

 

経理に関することは特にない。近年の1回当選議員は優秀であり、議員の資質を磨くという意味で、政務活動費の経理担当者に彼らを充てることで、公金の管理方法を学ばせてきた。しかし、脇が甘かったというご指摘は当然である。これを契機として、しっかりと政務活動費のあり様や再発防止策を議会全体で行おうという議会全体の対応に感動している。他会派と一緒になって、真剣に見直しを行いたい(田中幹事長)。

 

② 政務活動費経理責任者に選ばれた理由は(日本テレビ・船木記者)。

 

近年の会派運営では、まずは議員の資質を磨くという意味において、公金の使われようを勉強すべきという考えで、1期生に経理責任者を担当させている。ある意味では、順番である(佐藤議員)。

 

■政務活動費について

 

① 約600万円の返還金はいつからいつの期間のものか。毎年どのくらい返還金が生じるのか(朝日新聞・黒川記者)。

 

平成28年4月1日から29年3月31日(平成28年度分)である。毎年約500~600万円の単位で返還している(佐藤議員)。

 

② これだけの額を横領されて今後の政務活動はできるのか(朝日新聞・黒川記者)。

 

返還金ができるくらいなので、これまではできてきた。ただし、平成29年4月支給分がほとんど横領されているので、このままでは今年度上半期としての7月~9月分の活動費は足りなくなるであろう(佐藤議員)。

 

③ それはまた、12人で補填するのか(朝日新聞・黒川記者)。

 

補填は必ず行う。これは松本議員を除く12人で決議されている(佐藤議員)。

 

■発覚時の状況について

 

① 松本議員による通帳の改ざんとは複写の改ざんか。最終ページだけ改ざんしていたのか(朝日新聞・黒川記者及び日本テレビ・船木記者)

 

複写の改ざんである(佐藤議員)。最後のページだけである。その場をやりすごせたらよかったと思ったのだろう。通帳を偽造できるとは夢にも思わなかった(田中幹事長)

 

② 平成29年5月23日、発覚したときの「体調不良」の状況を詳しく教えてほしい。誠意のある対応ではないと思う(日本テレビ・船木記者)。

 

現場にいない者としては、本当に体調が悪いのかなと思った(佐藤議員)。

(編集者注:前日、)病院から電話しているといっていたが本当にそうなのかな、と不自然には思った。私たちを騙す工作に頭を使っていたのではないかと後から見ると推測できる。その後、(編集者注:通帳を持ってきなさいと言ったが持ってこないで)平然と会派控室にいたので「こんなところにいたらだめだ。帰宅して、用意しろ。」と叱った(田中幹事長)。

 

 

■会計・監査体制について

 

① 収支報告書の提出日は(東京新聞・中村記者)。 

 

平成29年4月28日である。提出にあたったのは松本議員である。平成29年4月24日に執行部が交代したが、松本議員はまだ作業を行っていた(田中幹事長)。

 

② その時点で問題は発覚しなかったのか(東京新聞・中村記者)。

 

その際には、発覚せず、後刻、坂井副幹事長への引き継ぎ時に発覚した(田中幹事長)。

 

③ そうなると、チェックされていない収支報告書を提出したということか(東京新聞・中村記者)。

 

区議会事務局のチェックを受けて提出した(田中幹事長)。

 

④ 収支報告書の改ざんはなかったか(毎日新聞・五十嵐記者)。

 

 計数上は正しく報告されていたため、ない(佐藤議員)。

 

⑤ 領収証は提出していたが、口座残高は確認していなかったのか(毎日新聞・五十嵐記者)

 

 領収証は間違いないということを何回もチェックしている。ただし一部、今回改めて調査したところ、複数の議員が、請求したが、受領していない事例があった。背任罪に該当する事例もあるやに考えている(佐藤議員)。

■内部調査期間について

 

① 公表に時間がかかった理由は。都議選後にするという判断があったのか(NHK・藤井記者)。

 

 都議選後になったという批判は真摯に受け止めるが、1年間37回の横領行為があり、総額1,840万円ということで、7月4日まで内部調査に時間がかかったということが事実である(佐藤議員)。

議員としての立場を考え、万全を考え、総合的に裏を取っていくという中で都議選をまたいでしまった。手続を始めたら起訴できないという大失態は避けたかったため、慎重に行ってきた。結果として、都議選後の公表となった(田中幹事長)。

 

② 自民党東京都連には報告したか(МXテレビ・相模)。

 

政党の支部であるので、報告している。発覚直後に、平成29年5月24日に自民党東京都連事務局に報告した。同年7月20日に自民党墨田総支部総務会において、国会議員・都議会議員にも詳細に報告した(佐藤議員)。

 

③ 報告後、自民党東京都連の指示はあったか。都議選後にすべきという指示はあったか(МXテレビ・相模)。

 

明確な指示はない。会派の自主判断として、内部調査を行ってきた(佐藤議員)。

 

④ 発覚後、松本議員を謹慎させるべきではなかったか。会派から、その後の議員活動や都議選に対する何らかの指示はあったのか(東京新聞・中村記者)。

 

平成29年5月23日の発覚後、臨時会、第二回定例会も開かれている。しかし、この時点では本人の自白のみであったため、誰かを隠して嘘の供述しているのかもしれない、どこに使ったのかも分からない状況であった。

「黒」といえない状況では「疑わしきは罰せず」の考え方から、内部調査活動を続けてきた。(編集者注:仕事の対価として)議員報酬をもらっている以上、しっかりと活動をするようにと伝えた。したがって、謹慎しなさいとは指示はしていない。

しかし、残り12名は疑惑を抱いていたため、複雑な感情を抱いていた。

都議選への指示は特になく、自己判断である(佐藤議員)。

各級議員の選挙応援については、自民党墨田総支部では議員の自主判断としている(坂下議員)。

 

⑤ 都議選の前にでていたら当落に影響があったかと思うか(テレビ朝日・石塚記者)

 

推測でお答えはできない。都議選は都政の論点であり、住民の皆さんが賢明な判断で行うはずだ。これはあくまで区議会の不祥事だと思っている(佐藤議員)。

 

⑥ 平成29年5月25日に会派への補填行為をしたときに公表しなかったのはなぜか。税金がないという事実だけ公表してもよかったのではないか(東京新聞・中村記者)。

 

 上記④と同様の理由である。公表すべきというご批判もあると思う。ただし、お金が「ない」というだけでは区民への説明責任が果たせない。それよりもしっかりと証拠を確認し、区民の皆様への説明責任を果たし、刑事告発に耐え得る証拠を調査することが先決だと判断し、内部調査を続けた。また、区民の皆様の貴重な血税に穴をあけるわけにはいかないと判断したため、補填を行った。管理責任はあったと思ったため、責任の取り方のひとつでもある。(佐藤議員)。

 

⑦ 警察に取材したところ、公表を差し控えるようとは言っていないということだが(テレビ朝日・石塚記者)。

 

先方は、本所警察署刑事課である(佐藤議員)。

 

⑧ 会派代理人弁護士はだれが選任したのか。都連ではないか(不明)。

 

田中幹事長及び佐藤議員の2名が委任者である。都連が委任者ではない。弁護士名を公表したいと思ったので、当該弁護士に照会したが、告発状の提出にあたって、警察と協議を行うにあたり、公表されると業務に支障が及ぶので公表しないでほしいと言われたため、差し控える(佐藤議員)

 

⑨ その弁護士名は(不明)。

 

公表を考えて、当該法律事務所に照会したが、これから告発にあたって、警察と弁護士との協議もあり、弁護士名がわかると業務に支障があるため、公表は差し控えてほしいと言われている(佐藤議員)。

 

⑩ 横領金の具体的な使途は何か(不明)。

 

個人情報で控える部分もあるが、ほとんどが会社関係と捉えていただいて構わない。一部使途不明金があり、これは本人の財布に入ってしまったとのことで遊興費と判断し、松本議員も認めている(佐藤議員)。

 

■再発防止策について

 

① 9月に清算とはどういう意味か(朝日新聞・黒川記者)。

 

政務活動費の請求は、その都度請求したり、1年に1回請求するなど議員によってまちまちだった。そうした環境が犯罪を生んだ原因であるとも言えるので、これを改め、今後は半年で一回請求を区切るという意味である(佐藤議員)。

■今後の方針について

 

① 今後、どのような方針をとるのか(NHK・藤井記者)。

 

 地方公務員に刑事訴訟法に基づく告発義務があるため、私たちはこれを果たしたいと考えており、既に告発状案を用意している。被害者としての告訴とするか、公務員としての告発とするかは、警察と相談して判断する(佐藤議員)。

 

② 会派としての責任の取り方はこれで終わりか(東京新聞・中村記者)

 

 責任の取り方は、横領金の損失補填や、刑事告発を行うこと、区民の皆様に説明責任を果たすことだと思う。その他については、現在、区議会の調査も行われることになっているので、それに真摯に答えて、すべてが終了した段階で、それを待って会派の総意として判断する(佐藤議員)。

 

③ 不祥事で議員辞職するのは墨田区議会史上初めてである。来年度の政務活動費を受け取らないという対応はしないか(東京新聞・中村記者)。

 

墨田区議会史上かつてない汚点を残したと思っている。会派の見解はまだまとめていないが、個人的には、そのようなことも含めて、検討する。区議会で全容解明を行うこととなっている。議会全体でとりくむ(田中幹事長)。

 

松本久議員に関する業務上横領事件について

 

 

松本久議員に関する業務上横領事件について

 

 

調査内容について下記の通り文言の修正が発生しました。
電子データ(PDF化)されたものに関しては後日差し替えさせて頂きますが、まずはこちらでお知らせいたします。

5月24日(水)

9:20 自民党東京都連事務局に報告

10:00 会派総会が行われた。法律事務所への照会結果を報告し了承され、佐藤議員が、調査活動及び報道対応に当たることと決定した。

14:00 松本議員事務所(墨田区太平3-12-11吉本ビル1階)において、同議員立会いの下、佐藤議員により、通帳及び契約関係書類等を精査し、横領金及びその使途について、捜索作業を行った。

17:20 法律事務所での聴取①:弁護士と面会し、対応を協議した。刑事手続や区民の皆様への説明を行うため、まずは真相究明が必要だと判断され、元検事を含む弁護士の監督の下で全容解明を行うこととした。その上で告訴または告発手続を行い、責任をもって説明できる体制を整えた上で公表し、厳正に対処することとした。

 

本日の記者会見におきまして、下記の通り文言の修正が発生しました。
電子データ(PDF化)されたものに関しては後日差し替えさせて頂きますが、まずはこちらでお知らせいたします。

※ 埋め合わせを行っているため、最終的な横領金額は、14,144,943円と推定される。

 


このプレスリリースをダウンロードする
(資料一覧PDFへのリンク)

平成29年7月26日

 

墨田区議会自由民主党 幹事長 田中 邦友

 

本会に所属していた松本久議員につきましては、業務上横領が行われたことが判明したため、今月20日付で会派から除名し、議員辞職勧告を内容証明郵便で通知致しました。

これに伴い、昨日25日付で、同議員より、議員辞職許可願が区議会議長に対して提出され、表題の横領事実を認める「自認書」が本日郵送されました。現在、区議会各会派のご協力を賜りながら、辞職許可に向けて手続中です。

なお、同議員の当該行為につきましては、既に今月20日付で本所警察署に対して相談しており、司直の手により厳正な対応が行われるよう、捜査に全面的に協力する所存です。

詳細につきましては、添付資料の通りとなっておりますので、ご報告申し上げます。

同議員による遵法意識に欠けた行為について、強く非難するとともに、会派として管理体制に課題があったことにつき、深く反省し、皆様に心よりお詫び申し上げます。

 

なお明日7月27日(木)16時より、墨田区議会第二委員会室において、記者会見を添付の通り行います。

 

記者会見について(PDFへのリンク)

プレスリリース(資料一覧PDFへのリンク)

 

 

(さらに…)

本会所属議員の除名について

本会所属議員の除名について

 7月20日、本会所属の松本久議員につきまして、違法行為が行われたことが判明しました。
 
 このことから、本会規約に基づき会派総会を開催し、同議員を7月20日付で除名することと決定し、併せて本会会員の総意として、同議員に対して墨田区議会議員の職を辞するよう勧告しました。
 
 なお、同議員の当該行為については、7月20日付で本所警察署に対して相談しており、司直の手により厳正な対応が行われるよう、捜査に全面的に協力する所存です。
 
 同議員による遵法意識に欠けた行為について、強く非難するとともに、会派として管理体制に課題があったことにつき、深く反省し、皆様に心よりお詫び申し上げます。

 詳細につきましては、同警察署より、調査に支障が来されるので、公表を差し控えるように要請されています。申し訳ございませんがご承知おきください。然るべき時期に、詳細を公表させていただきます。

墨田区議会自由民主党 幹事長 田中邦友

※この件に関しては、佐藤篤議員(090-8567-8293) にお問い合わせください。

委員会人事が決定しました

【議会運営委員会】

本会議の議事運営や議会の運営等について話し合います。

議会運営委員会委員は、自民党執行部の田中委員長、福田、加藤、坂井副幹事長です。
議会運営委員会とは、円滑な議会運営を期すため、議会運営の全般について協議し、意見調整を図る場として設置された委員会のことをいいます。会期、議事日程、議案等の取扱い、質問の取扱いなどの議会の運営や会議規則、委員会条例等に関する事項などを協議、調査、審査します。

 

 

 

【常任委員会】

区議会に提出された議案や請願・陳情について、最終的な決定を行う本会議の前に、より専門的に審査などを行うため、区の組織に対応して4つの委員会を設置しています。

 

企画総務委員会は、瀧澤委員長、木内委員、坂井委員です。
企画総務委員会では、区政の総合的な計画、広報広聴、組織、予算、公共施設等マネジメント、財産管理、契約などに関する事項を議論します。

 

 

地域子ども文教委員会は、福田委員長、坂下委員、しもむら委員です。地域子ども文教委員会では、地域力支援、協治、地域コミュニティ、文化・芸術・スポーツ振興、子ども・子育て支援、学校教育、地域教育などに関する事項を議論します。

 

 

産業都市委員会は、中沢副委員長、樋口委員、加藤委員です。
産業都市委員会は、産業振興、経営支援、消費者対策、観光、まちづくり、防災、危機管理、道路、公園、河川、環境保全、緑化、清掃、リサイクルなどに関する事項を議論します。

 

 

区民福祉委員会は、佐藤副委員長、沖山委員、田中委員です。
区民福祉委員会は、戸籍、国民健康保険、後期高齢者医療、国民年金、税務、障害者福祉、高齢者福祉、介護保険、保健衛生、健康づくりなどに関する事項を議論します。

 

 

 

【特別委員会】

特定の事件の調査又は審査を行うため、議会の議決により3つの特別委員会を設置しています。

 

災害対策特別委員会は、瀧澤委員、木内委員、沖山委員、福田委員です。
災害対策特別委員会は、防災対策、不燃化及び耐震化の促進ならびに災害復興対策に関する事項を議論します。

 

 

都区制度改革等特別委員会は、坂下委員、田中委員、中沢委員です。
都区制度改革等特別委員会は、都区制度改革の推進、児童相談所の移管及び地方公会計制度に関する事項を議論します。

 

 

議会改革特別委員会は、樋口委員長、加藤副委員長、しもむら委員、佐藤委員、坂井委員です。
議会基本条例の制定を目標に2年間活動します。

本年度の墨田区議会自民党執行部

平成29年度の墨田区議会自民党執行部。
幹事長 田中くにとも
副幹事長 福田はるみ、 加藤拓、 坂井ユカコの4名で会派運営を行ってまいります。

平成29年度予算特別委員会墨田区議会自由民主党の意見開陳

予算特別委員会の審議が終了し、われわれ墨田区議会自由民主党は、議案第2号 平成29年度墨田区一般会計予算、議案第3号 平成29年度墨田区国民健康保険特別会計予算、議案第4号 平成29年度墨田区介護保険特別会計予算及び議案第5号 平成29年度墨田区後期高齢者医療特別会計予算に賛成の立場から意見開陳を松本委員が行いました。

 

img_2770

坂下議長 ・ 樋口委員長

 

img_2751

前列・・・意見開陳を行った松本委員
二列目左より・・・瀧澤委員、佐藤委員、沖山委員、木内委員
後方支援左より・・・坂井議員、田中議員、福田議員、しもむら議員、加藤議員、中沢委員

 

 

以下、意見開陳全文

 

(さらに…)

【決算特別委員会】平成27年度決算を採択しました。

10月21日から11月9日まで、決算特別委員会が開催されました。

img_1120 img_1435

わが会派からは、中沢えみり(委員長)、坂井ユカコ(副委員長)、沖山仁、田中邦友、福田はるみ、加藤拓、しもむら緑が議論にあたり、平成27年度各会計歳入歳出決算を認定しました。

img_1277 img_1055
img_1365 img_1260
img_1379 img_1414

以下、墨田区議会自民党の意見開陳(開陳:福田はるみ)

私は、墨田区議会自由民主党を代表し、意見開陳を行います。

財政に関しては、人口増による特別区民税の伸び等により特別区税が前年度と比べて3.1%、特別区交付金については普通交付金の伸びなどにより前年度と比べて2,6%増加、財政指標では、経常収支・実質収支とも黒字決算で、一般会計では過去最大となりました。財政調整基金および、公共施設整備基金の合計が100億円を超え、計画的な財政運営への第一歩となりました。
しかし、経常収支比率は、ゆるやかな改善が見られるものの、依然として83.3%で、23区平均である77.8%と比べて厳しい数字で、義務的経費が一般財源を圧迫する硬直化した区財政が未だ続いていています。

(さらに…)

各委員会と所属会派議員

平成28年 各委員会と所属会派議員

議会運営委員会

議会の運営、会議規則、条例等に関する事項、議長の諮問に関する事項を審議するほか、議案や請願・陳情に関する審査などを行います。

左から 佐藤 篤、沖山 仁、中沢 えみり、松本 ひさし 各議員

常任委員会
企画総務委員会

区長の総合的な計画、予算、組織、広報公聴、契約や危機管理などに関する事項や、他の委員会に属さない事項を審議します。

左から 樋口 敏郎、田中 くにとも、佐藤 篤、しもむら 緑 各議員

産業都市委員会

商工業の振興、消費者対策、まちづくり、公園、道路や河川などに関する事項を審議します。

左から 松本 ひさし、木内 清、坂井 ユカコ 各議員

福祉保健委員会

子育て支援、高齢者・障害者福祉、介護保険、健康づくりや保健衛生などの事項を審議します。

左から 坂下 修、中沢 えみり、福田 はるみ 各議員

区民文教委員会

戸籍、国民健康保険、国民年金、税務、地域コミュニティ、文化振興、リサイクル、清掃、環境保全、学校教育、スポーツ振興や生涯学習などの事項を審議します。

左から 瀧澤 良仁、加藤 拓、沖山 仁 各議員

特別委員会
観光対策特別委員会

東京スカイツリー周辺の環境整備、国際観光都市実現に関する事項を審議します。

>

左から 木内 清、田中 くにとも、福田 はるみ、中沢 えみり、坂井 ユカコ 各議員

都市開発・災害対策特別委員会

災害、大規模開発事業、鉄道立体化や地下鉄建設促進、区内交通体系の整備などの事項を審議します。

左から 瀧澤 良仁、樋口 敏郎、加藤 拓、松本 ひさし 各議員


行財政改革等特別委員会

区の行財政改革や地方分権推進に関する事項を審議します。

左から しもむら 緑、坂下 修、沖山 仁、佐藤 篤 各議員

                                             

 | ブログトップ | 

上へ戻る

すみだ北斎美術館